スタッフ

青柳 道子 講師

リトン 佳織 助教

  • 氏名から北大研究者総覧システムへリンクします

グループの紹介

在宅看護学グループでは、在宅で療養する方とそのご家族が、安心して望む生活ができるための看護について教育及び研究に取り組んでいます。

教育内容

授業目標:ヘルスケアにおける家族の重要性と家族看護の必要性を理解し、看護の対象としての家族と家族看護ニーズを理解し、家族支援の理論的背景について学習する。また、家族看護過程、家族への支援方法、家族看護の実践について理解する。

授業目標:地域に居住する在宅療養者及びその家族が抱える諸問題や在宅ケアへのニードの動向を理解し、在宅看護の意義と特徴を学ぶ。また、在宅看護の対象、方法論、看護過程、活動の場の特徴について学ぶ。さらに、在宅看護の課題から在宅ケアシステムについて考える。

授業目標:在宅療養者およびその家族が抱える諸問題や在宅ケアへのニードに対応するために必要とされる援助について学習し、在宅看護の展開に必要な基本的な在宅看護技術を学ぶ。

授業目標:在宅で生活する療養者およびその家族の生活と健康を理解し、在宅における個別的な看護の提供に必要な知識と基本的技術を習得する。ケアの継続性および在宅ケアシステムにおける保健・医療・福祉の連携と専門職の役割について理解を深める。地域医療連携部門実習では、医療機関から地域への効果的な移行を目指す退院調整と医療機関における在宅療養支援の実際について学ぶ。校門看護実習では、在宅で生活する療養者と家族の健康と生活の実態を知り、その状況に応じた在宅療養者および家族への看護を学ぶ。

授業目的:1. 様々な状況におけるターミナル期にある人とその家族について学び、看護の役割を考える。2. 我が国におけるターミナルケアの現状と課題について学ぶ。

演習風景
演習風景 
演習室
演習室

研究内容

  1. がん終末期における訪問看護師のコミュニケーションに関する研究
  2. がん患者の療養を支える家族の心理的適応に関する研究
  3. 訪問看護師の看護実践および訪問看護師の人材確保に関する研究
  4. 家族介護者のセルフコンパッションと主観的幸福感に関する研究

これまでの卒業研究のテーマ

  • 大学生における在宅介護に対する意識調査 ~一般学生と看護学生の比較~
  • 血液透析を開始する患者・家族に看護師が意図的に行っている介入
  • 病棟看護師の終末期がん患者の退院支援実践に関連する要因
  • 看護師の終末期がん患者と家族に対する療養の場の意思決定支援の実際と関連要因
  • 訪問看護師の終末期がん療養者・家族のコミュニケーション支援と知識・技術、個人属性との関連
  • 介護支援専門員の終末期療養者家族へのアセスメントの実態と関連要因
  • 大学生の生活習慣、ソーシャルスキル、コミュニケーションスキルと主観的幸福感に関する研究

社会活動

新卒訪問ナースを応援する会(通称:スタタン)のメンバーとして活動を行っています.道内の看護系大学教員の有志が集まり,新卒訪問看護師養成に関するイベント,研究を行っています。

新卒訪問ナースを応援する会

北海道大学病院看護部と院内認定がん看護エキスパートナース養成研修のプログラム作成と評価を行っています。