看護学専攻の令和2年度 卒業生、修了生の情報です。保健学科の就職進路詳細はこちら

学部卒業生の65%が看護職として就職しました。看護師としての入職は北大病院が3分の1ほどですが、ほぼ同数で道内のセンター病院や基幹病院、または道外の大学病院や主要な病院へ卒業生が就職しました。そして残りの35%は大学院へ進学し、そのうち約4割が北大大学院への進学でした。保健師や助産師を目指す学生は、いずれかの大学院コースへ進学しています。

一方、修士課程修了生の8割以上が就職し、2名が北大保健科学院の博士後期課程へ進学しました。就職先は公務員(保健師)5名、病院(看護師・助産師)4名、民間企業2名でした。ヘルスケア関連の一般企業に総合職として就職する修了生もみられ,健康科学分野における多彩な活躍の場が広がっています。