保健科学専攻(博士後期課程)看護学コース

詳細は担当している教育・研究グループのページをご覧ください。

教育目標

北海道大学大学院保健科学院 保健科学専攻 博士後期課程 看護学コースでは,主に看護学系の修士課程の修了者を対象に,多様化・複雑化する医療および看護ニーズの要請に対応できる看護学の理論構築と体系化を推進し,創造的に看護学の発展に寄与する人材を育成します。

  1. 病院等の保健医療福祉施設の管理・運営に参画する看護部長等のトップマネジメントを担うことが期待される看護管理者を育成します。
  2. 地域保健を推進する医療および看護に関連した政策策定に参画する行政ならびに保健組織における看護管理者を育成します。
  3. 看護系大学および大学院において,高度の専門的知識・技術および態度を教授する教育者を育成します。
  4. 看護系大学および大学院または関連する研究機関において,看護学に関する創造的な研究を推進する研究者を育成します。

教育課程

専攻共通科目

  • 医療マネージメント特講

看護科学科目群

  • 基盤看護科学特講
  • 基盤看護科学特講演習
  • 実践看護科学特講
  • 実践看護科学特講演習
  • 社会看護科学特講
  • 社会看護科学特講演習

研究指導科目

  • 看護科学特別研究

学位授与

本課程を修了した者に対し,本学学位規程に定めるところにより,博士(看護学)の学位を授与します。

卒業後の進路

  • 看護師長及び地域看護における企画力を持つ管理者
  • 指導的役割を担う専門性の高い実践能力を持つ看護師
  • 保健行政の企画立案に携わる保健師
  • 看護系教育機関の教員