保健科学専攻(修士課程)看護学コース

看護学コースには4つのコース科目群(教育研究領域)があります。リンクしている各科目群および担当する教育・研究グループのページをご覧ください。

  1. 看護学科目群  基礎看護学 成人看護学 老年看護学 精神看護学 在宅看護学 小児看護学
  2. 公衆衛生看護学科目群
  3. 助産学科目群
  4. 高度実践看護学科目群

教育目標

看護学コースでは、主に保健医療系学部・学科を卒業した看護師、保健師、助産師に対する人材育成を行います。

  1. 看護学および関連領域における最新の知識と技術、倫理的判断力、企画評価能力及びグローバルな視野を備えた、教育・研究を担う学識豊かな人材を育成します。
  2. 看護実践領域における最新の知識、専門技術および判断力を備え、倫理問題や複雑な健康課題に対応でき、指導的役割を担う専門性の高い実践能力を有する人材を育成します。
  3. 看護系教育機関で看護師、保健師、助産師を育成する教員を目指す者には、個別の課題研究や研究指導を通じて、探求心や研究能力を涵養し、そのうえで博士課程へ進学する力を身につけてもらいます。

履修方法

看護学コースの教育課程を構築するために、各コースの人材育成にも関連する専攻共通基礎科目のほか、専門性を追求するコース科目群を各年次・各学期に配置し、より体系的な履修が可能となるようになっています。

  • 原則として講義形式の「特論」は1年次1学期あるいは2学期に開講して基礎的理論を教授します。
  • 「演習」は1年次2学期の開講とし、「特論」で修得した理論的基盤を発展させた方法論や技術論を体験や実習を通して学ぶと共に、最新文献の調査分析を行います。
  • 「実践演習」では,看護領域専門分野における高度な実践応用能力を涵養するために,教育医療施設での実践的演習を行います。
  • 2年次に通年開講する「看護科学研究」では、指導教員の下で修士論文テーマに沿った個別的研究を展開し、データをまとめて修士論文を作成します。また、「実践看護研究」(公衆衛生看護学科目群および助産学科目群)においては,修士論文に代えて,指導教員の下で事例または調査研究を実施し、その結果を特定課題研究報告書としてまとめることができます。

修了要件

本課程に2年以上在学して、各コース・科目群に定められた単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文又は特定課題研究報告書の審査及び最終試験に合格した者に学位を授与します。最終試験は公開での口頭発表とし、質疑応答内容について審査します。

各科目群の修了に必要な単位は以下のとおりです。

  • 看護学科目群 30単位
  • 公衆衛生看護学科目群 および 助産学科目群 36単位
  • 高度実践看護学科目群 36単位

学位授与

本課程を修了した者に対し、本学学位規程に定めるところにより、修士(看護学)の学位を授与します。

国家試験受験資格

看護学コースにおいて、公衆衛生看護学科目群で保健師、助産学科目群で助産師の国家試験受験資格が取得できます。

認定教育課程

看護学コースにおいて、高度実践看護学科目群はがん看護専門看護師の受験資格のひとつである、日本看護系大学協議会が定める高度実践看護師教育課程基準の所定の単位が取得できる教育機関として認定を受けています。

卒業後の進路

北海道大学大学院保健科学院博士後期課程への進学のほか次のとおりです。

  • 指導的役割を担う専門性の高い実践能力を持つ看護師
  • 周産期のみならず女性の健康課題への支援を行う助産師
  • 保健行政の企画立案に携わる保健師
  • 看護系教育機関の教員